形式や宗旨にとらわれずに行えるのが、自由な葬儀の自由葬です。故人が好きだったものや希望していたものを使って見送る方法で、自由度が高いのが特徴です。
基本的には無宗教葬で、僧侶や神官、牧師、神父などの宗教者は招きません。
日本人は無宗教の人が多いので、こういうスタイルの葬儀は珍しく無くなっています。
故人の生き方にふさわしい、自由な演出をすることで心に残る葬儀を行うことができるのがメリットです。祭壇を設けないという方法もあり、内容によっては費用を大きく抑えることもできます。
ただし、形式が決まっていないので、事前に綿密な打ち合わせが必要になります。また、参列者が戸惑ったり、年配の参列者には理解してもらえないということもあります。
また、葬儀の法要もルールがないので、後々まで悩むこともあります。
自由葬は故人の好きなもので偲ぶことができるというのがメリットですが、自由度が高すぎることでデメリットもあるので注意しましょう。

大切な人を亡くすという出来事はそんなに頻繁にあることではありません。それだけに辛さや寂しさはその都度とても大きなものになります。そしてその中でも特に身近な人が亡くなった場合、お葬式の段取りは慣れていないだけに、とても大変な行事で、不安が先立ちます。深い悲しみの中でお葬式を執り行う事は容易ではありませんが、わからないことだらけなのは当然なので、その道のプロである葬儀屋さんによく相談することが肝要です。
葬儀屋さんであれば、葬儀までの流れとその後の法要のことなど何でも知っています。提出すべき書類や葬儀に向けて決めなければならないことなどわからない事は何でも聞くべきです。いつも慣れない人を相手にしている葬儀の専門家なので、きちんとした葬儀に導くためのノウハウをたくさん持っています。少しでも気になるところがあれば遠慮なく聞いた方が良いです。
辛い中でも前を向くために、葬儀は大切な法要です。しっかり段取りをして大切な人を、きちんと送ってあげたいです。

<PR>初値予想 / オーディオ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 心の童話 / 童話 / JALカード / GetMoney / 内職 アルバイト / 貯蓄 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 英語上達の秘訣 /