葬儀が社会的な行事であれば、形式やしきたりを気にする必要が生じます。自分だけ形式に合わないことをしたら恥ずかしい気持ちになりますし、そうしたことばかり気にかけて、肝心の死者とのお別れどころでなくなることもあるでしょう。そのような気遣いを、死者が望んでいるとも考えられません。しかし、そこそこの規模の葬儀だと、そうしたことは無視できないことになります。家族葬なら、そうしたことは一切気にかけずに済みます。家族だけでおこなうため、宗教関係者も呼ぶ必要はありません。呼んでも構いませんが、家族水入らずの方がいいでしょう。無宗教であるなら、呼ぶ必要はまったくありません。葬儀社は、設備や備品の手配に便利に利用できるなら、使ってもいいでしょう。しかし、葬儀の場に立ち会わせる必要はありません。時間を拘束すれば、費用もかかりますし、不必要な立ち合いです。家族だけで弔い、最後の時を水入らずで過ごせるのが家族葬のいいところです。