葬儀というと必ずというほど仏教ということが日本では定着していますが、これは必ずそうでなければならないというわけではありません。宗教が絡んでくることで葬儀にかかる費用というものは高くなるので、これを何とかしたいと考える人も少なくはないでしょう。
最近では無宗教葬というものを選ぶ人も出てきています。無宗教葬ではシンプルな葬儀が出来るので費用を安くすることが出来ます。宗教的な儀式がなくなっているので、葬儀や葬儀の後のさまざまな費用がなくなるというメリットもあります。
最近はこうした葬儀を選ぶ人も増えてきています。宗教が絡まなくなることで、不要なものがなくなり、必要なことだけが出来るようになるというメリットがあります。それは料金的なこともありますし、その後の49日などの宗教儀式がないということにも繋がっていきます。宗教が葬儀にかかると何かと費用がかさむことになるので、その分負担も多くなるということになります。