日本人は無宗教だと言われていますが、ほとんどの人は葬儀を仏式で行います。もちろん神式やキリスト教の葬儀を行う人もいますが、最近は宗教の形式にとらわれない無宗教葬を行う人も増えてきました。
無宗教葬は自由葬とも言われ、宗教儀礼に縛られずに自由なスタイルで行う葬儀です。思い出の写真をまとめてスライドで故人の人生を振り返ったり、生前故人が好きだった音楽を流すなど演出を自由に決めることができます。
ただし、決められた段取りがないだけに、スムーズに進行するためには式の流れや演出については詳細な打ち合わせが必要です。事前に無宗教葬であることを説明しておかないと理解が得られなかったり、戸惑う参列者も出てくるでしょう。また、葬儀後の供養や納骨をどうするかなどもあらかじめ決めておく必要があります。
無宗教葬はまだ一般に普及しているとは言えません。周囲の理解を得られないとしこりが残る場合もあります。そのようなことにならないように相談しながら執り行うことが大切です。