葬儀の参列時には、注意しなくてはならないマナーが多々あります。そのため準備不足などでご遺族に失礼の無いよう、事前にしっかりとマナーについて把握しておきましょう。ここでは、参列時に気を付けたいマナーについて、紹介します。まず、会場へは定刻前に到着するようにします。遅刻は厳禁ですが、どうしても遅れてしまった場合は、きちんとお詫びを述べご焼香をさせてもらうようにします。また、香典に使用するお札は新札を避けましょう。新札を手渡すということは、事前に死ぬことを察して準備をしていた、という意味合いにとられてしまうためです。また、会場では静かに過ごすようにします。ご遺族への声掛けや長話は避けましょう。また、会場で知人と会った場合でも簡単な挨拶で済ませ、それ以外の私語は会場を出てから行うようにしましょう。そして、ご焼香後に通夜ぶるまいを進められた場合は、遠慮してはいけません。故人への供養の意味が込められているため、断らないようにしましょう。