葬儀には、さまざまなものが付いて回ります。そう頻繁にあるものではありませんし、状況も全体像もわからなかった時代が長く続きましたから、ただその流れが一方方向へ進んでいくだけでした。それで葬儀には相当な費用がかかるもの、という社会通念が生まれ、葬儀が出せないから死亡届を出せなかった、などという事例も何件も報道される事態となっていました。しかし、葬儀のメインは何かと考えた場合、葬儀にはそれほど高額な費用は掛からないはずであるということがわかります。宗教に入信していないなら、宗教関係者を呼ぶ必要はないでしょう。それだけで数十万円以上違ってきます。戒名も必要なら、家族が付けた方がいいに決まっています。新生児の名前を、それまで会ったこともない、見知らぬ人につけさせるでしょうか。死者と親しかった人たちが、弔えばいいことであり、弔うのに形式や箔付けは必要ないでしょう。無宗教でおこなう葬式、家族葬などが増えているのは、好ましいことです。