親戚や知人などが亡くなって、通夜や葬式に行くことがありますが、冠婚葬祭には、それぞれにたしなみというものがあります。まず、通夜の案内があれば、取るものもとりあえず駆けつけるのがたしなみです。喪服でなくても派手でない平服でも大丈夫です。亡くなった方との関係にもよりますが、親しい関係にあった方であれば、通夜と葬式の両方に列席するのが良いでしょう。
通夜は、亡くなった方との思い出などを振り返り、お別れをする儀式。あまり親しい間柄でなければ、遺族の悲しみも察しながらお悔やみの言葉を掛けて、ご霊前に手を合わせ、長居をしないようにします。また、葬式になると人手も要るので、関係性によっては、お手伝いを申し出ることも必要です。
葬式は、亡くなった方との最期のお別れの儀式。贈れることなく参列するのがたしなみです。また、準備する香典の表書きなどは、宗派によっても違いがありますので、気をつける必要があります。宗派がわからないような場合には、葬儀社などに問い合わせましょう。人の死により、わたくしたちは死を目の当たりにします。葬式は、自分の来し方、これからの生き方、死について見つめなおす機会ともなるでしょう。