葬儀とは、死者をとむらい、死者とお別れするための儀式のことです。宗教や宗派により、儀式の流れや意味合いは異なります。日本で一番多く行われているのは、仏教式(仏式)の儀式ですが、昨今では、価値観の多様化や、個人主義の浸透などにより、葬儀の形態も様変わりしてきました。かつては、祭壇の大きさで弔いの気持ちを表わすなど、村や町内などの地域社会の慣習を基本にして葬儀を進めていました。しかし、核家族化が進む現在では、既に葬儀は、地域共同体主体から家族主体に変わってきており、家族葬と言う小さな葬儀が増えています。また、「故人らしさ」や「その人らしさ」を表現するために、特定の宗教や形式にとらわれず、自由なやり方で儀式を行う自由葬や無宗教葬と呼ばれるタイプの儀式も増えています。今後、高齢者世帯の増加や、小子化と非婚化のますますの増加が予想されますので、儀式の担い手である家族の多様化とともに、儀式全般の多様化は、ますます強まると考えられます。